Ultimate Design Laboratory

  • Bose® MIE2i&Bluetooth headset
  • Bose® MIE2i&Bluetooth headset
  • Bose® MIE2i&Bluetooth headset
  • Bose® MIE2i&Bluetooth headset

Bose® MIE2i&Bluetooth headset

2011-07-04 | Gadet | iPad | iPhone

Bose® MIE2i mobile headsetとBose® Bluetooth headset。どちらもiPhone 4対応のヘッドセットとしてボーズからリリースされたプロダクト。

MIE2i mobile headsetの方はMIE for iPhoneの後継機種となり目立った所ではシリコン製イヤーチップの形状が変更されていて付属するイヤーチップは耳に合わせてS・M・Lの3サイズが同梱されている。

インナーイヤー型とは少し異なる形状のイヤーチップは外れにくいように工夫されているが掛け心地が良く耳が痛くなるような異物感や違和感はあまり感じない。カナル型のように耳に突っ込むようなスタイルではなくイヤーチップが軽く支えてくれる感じだ。

独特な形状は掛け心地は良く遮音性が高くはないため音漏れしやすい傾向にある。音量を高めに再生させることが好みな人は電車の中での音量には配慮した方が良さそうだ。ケーブルはしっかりした素材感で断線を心配するほど神経質な扱いは必要なさそうで「Apple iPhone 4 Bumper」を使っている人は少し強めに差し込めば接続も問題ない。

音質は個人差があるが遮音性や音漏れという所を差し引いても十分期待通りの結果が得られると思うが直営店や正規取扱店で視聴させてもらえる事があるので問い合わせてみることをお勧めします。

Bose® Bluetooth® headsetの方はボーズ初の携帯電話専用Bluetoothヘッドセット。今のところオンラインストアでの限定販売となっているので店頭で実物を見る機会は少ないと思う。

両者を通話品質の面で比較すると後者の方は「Noise Rejecting Microphone」が効いているので送話側の音量(相手に届く声)がスポイルされているような印象を受けるが、あくまで同社のケーブル接続のヘッドセットとワイヤレスヘッドセットを比較した際の印象であり、音楽を楽しむときは「MIE2i mobile headset」を使い、端末の電話機能だけを使うときには「Bluetooth headset」を使って比較した際の印象で「Bluetooth headset」をワイヤレスヘッドセットとして評価すれば高品質なレベルだと思う。

駅構内、街道沿いを歩行しながらと試してみたが会話が途絶えることはなかったし受話側の音量操作は必要なかった。一つ気になった点はマルチポイント機能においてdocomo携帯とiPhone 4で同時に待ち受け状態にある際、受話はどちらでも問題なく動作させることが出来るし交互に着信に応えることが出来たのだが、ヘッドセット側のボタン操作で通話を終了(終話)させることが出来なかった。確認するとこれは製品の仕様によるものでマルチポイント機能で待機状態にある際には通話ボタンは「キャッチホン」としての切り替え動作が機能として割り当てられるため終話ボタンとしては機能しない。(取説にも明記されていました)

この動作はマルチポイント機能を使用中だけの変化だが使い勝手としては、通常使用時と同じ終話ボタンに割り当ててもらえると嬉しい。本体重量(12g)の割に掛け心地も良く耳に掛けた状態でのボタン位置やボタンの操作感も良く手探りでボタンを操作しても確実に操作できるように工夫されている。

ボーズ・Bluetooth ヘッドセット
ボーズ・MIE2i モバイルヘッドセット
製品に関する問い合わせ先
電話でもご相談・ご注文が可能
フリーダイヤル
0120-002-009
年中無休9:30?20:00
(土日祝日は18:00まで)

www.bose.co.jp