Ultimate Design Laboratory

Bang&Olufsen EarSet 3i Review

2011-06-21 | Gadet | Mobile | iPad | iPhone

Earset 3iEarset 3i

バング&オルフセンからリファインされてリリースされた iPhone、iPod、iPad向けのヘッドセット「Earset 3i」昨年の夏には iPhone 4未対応の「EarSet 3」をレビューしている。本製品はへアライン仕上げのアルミニウムと特殊なソフトタッチラバーコーティングはそのまま「フックスイッチ」を変更して発売されている。

ダイナミック型のフルレンジスピーカーはオープン方式、外部の音も遮断することがなく楽しむ事が出来る。ケーブルの長さは約1mでプラグはステレオミニのまま、Apple純正オプションのバンパーを使っていても接続に問題はない。

・センターボタンを1クリック 曲を再生/停止
着信時→電話応答/通話終了
・センターボタンを2クリック
次の曲へ
・センターボタンを3クリック
曲の先頭/前の曲へ
・センターボタンを2秒間押し続け手指を離す。
音声コントロールスタート
着信時→電話を拒否。留守番電話につなぐ

基本動作は「EarSet 3」と同じで操作に迷うことは少ないがセンターボタンの位置を覚える必要があり、初めのうちはボリューム調整のボタンを押してしまうかも知れない。ダンパーが効いたような掛け心地の調整機構と同じくタッチする感触も高級感がある。この辺りはバング&オルフセンのプロダクトに共通のテイストと感じる。

「EarSet 3」の首の後ろを通す取り回しも嫌いでは無かったし。丸いボタンの操作感も好きだったがケーブルの取り回しはすっきりしている方が引っかけて断線することも少ないので良いかもしれない。

バング&オルフセンのヘッドセットは「EarSet 1 Mobile」から使っているが、何度か断線させてしまったことがある。特に車の乗り降りの際に、外したシートベルトのバックルに絡めてしまって引きちぎってしまうことがあり「EarSet 2」の登場は大歓迎だった。

着ている洋服の素材によっては、洋服とマイクがこすれる音がノイズとなって相手に届いてしまうかも知れないが、通話品質のレベルは高くスピーカーとマイクの位置が物理的に離れているので通話相手に「エコー」が届いてしまうことはない。

Earset 3i

・デザイナー: Anders Hermansen
・寸法: 35×59×14mm
・重量(イアフォン片側のみ): 8g
・重量(セット全体): 23g

・問い合わせ先
バング&オルフセンジャパン株式会社
jpproduct@bang-olufsen.dk
・公式サイト(日本語)
www.bang-olufsen.co.jp